話題の高カカオチョコレートって、血糖値にいいの?今年健康診断で引っかかったワタシが、これから一年間実践してみます!

日々の生活

チョコレートが大好きです。チョコレート中毒といってもいいくらい(^^;)
高カカオチョコレートが発売された時も、真っ先に買って食べてみました。
で、「まず~い(*´Д`)」!甘くないんですよね。ビターチョコより苦い!一度で止めちゃいました。身体にいいとか聞きますが、二度と買わない!って思ってました。

去年、5年ぶりくらいに健康診断を受けました(^^;) その時、生まれて初めて血糖値が引っ掛かりました(:_;)
標準値が~99のところ、104!そしてHbA1cという、何かわかんないのが、標準~5.5のところ、6.0!

だいたいの原因は分かっているんです。「運動不足」です。
長年キャディーをしていましたが、その時は運動不足とは無縁!運動しすぎなくらいでした。キャディーを辞めると、あの時と同じくらいの運動なんて、ちょっと無理ですよ、ハイ。

どうしようかなぁと思っていたところ、新聞だったかネットだったかで、高カカオチョコレートが血糖値にいいという記事が載っていました。あのまずいチョコレートを、毎食前と毎食間に一枚ずつ食べるだけでいいというらしい。
簡単といえば簡単ですね。チョコレート食べるだけで、あとは普通に生活しておけばいいんですから。

なので、次の健康診断まで、高カカオチョコレートを食べ続けてみることにしました。本当にこれで血糖値がよくなるんでしょうか?
なんかどっかのユーチューバーの企画みたいになってしまいましたが、シニアがやったらどんな結果になるのやら…?

スーパーに行って、まずは高カカオチョコレートを買ってきました。
いろいろありますが、定番を2種類。カカオ80%や90%とかありますが、まずは一番食べやすいとされている70%から。
明治『チョコレート効果 カカオ72%』15枚入り235円(税込み)
森永『カレ・ド・ショコラ カカオ70%』21枚入り311円(税込み)
どっちも結構なお値段です(^^;)

これを1日6枚食べるとなると、ひと月3,000円近く必要になります。
だいたい食前はともかく、仕事をしていると食間は難しい…。なので、食間はやめて、食前だけにすることにしました。
効果は半減…ってか効果があるのかどうかもわかりませんが…(^^;)

まずは裏面を見てみます。
明治『チョコレート効果 カカオ72%』
原材料は、カカオマス、砂糖、ココアパウダー、ココアバターなど。
ちゃんと砂糖も入ってますね(^-^)
栄養成分は、1枚当たり28kcal。
タンパク質0.5g、脂質2.0g、炭水化物2.2g。

森永『カレ・ド・ショコラ カカオ70%』
原材料は、カカオマス、砂糖、ココアパウダー、ココアバターなど。
明治と同じですね。
栄養成分は、1枚当たり28kcal。
タンパク質0.4g、脂質2.0g、炭水化物2.3g。
どちらもほとんど変わりません。


普通のチョコレートと比べても、エネルギーはじめ、少し数値は低いくらいで、ほとんど変わりなし。
要はポリフェノールの含有量なんでしょうね。

箱を開けてみます。
どちらも個包装なので、持ち運びもしやすいし、これは良いですね(^-^)森永の方が、ちょっとおしゃれかな?
個包装を開けてみます。


森永には一枚ずつネームが入って、これもオシャレ。


明治はシンプルですが、半分に割れやすくなっていますね。
後で知りましたが、明治『チョコレート効果』にも1枚タイプがあるようです。

では、いよいよ食べてみます。
ん~やっぱり美味しくない(-_-;)ビターチョコレートより苦い…。大昔は、チョコレートは薬として食べられたと聞きますが、まさにそんな感じです。
森永『カレ・ド・ショコラ』の方がちょっとマシ?70%と72%の違いでしょうか?
むしろ、ビールやワインのあてになりそうな感じです。

などといいながら、毎食前に1枚ずつ食べることを始めましたが、忘れちゃうんです!!
ランチは弁当をもっていってますから、弁当箱の上に置いて忘れないようにしてますが、疲れてる晩御飯や、バタバタしてる朝ごはん前…!
でも、なるべく忘れないようにして、慣れてきたら80%や90%にも挑戦してみます。

さて、次回の健康診断の結果は、どうなってるでしょうね~??
お楽しみに(^^;)

ご意見、お問い合わせはこちらから

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました