「道の駅みなみやましろ村」で買ったお土産編。抹茶を使った缶入りハイボール、『抹茶ハイ』と『抹茶ハイボール』。ちょっと、いやかなり珍しいよね。

京都府

「道の駅みなみやましろ村」周辺は京都のお茶の産地で、道の駅でもお茶を使ったいろんなものが売ってた。お茶屋お菓子は今やほぼ定番。そんな中、缶入りハイボールなんて売ってた!350ml缶の【抹茶ハイ】と【抹茶ハイボール】。

これってどんなんやろ?お値段も手ごろやし、一本ずつ買ってみた(^-^)よく冷やして、晩酌にいただいてみます。

まずは【抹茶ハイ】から。製造は宝酒造さん。

原材料は、抹茶(京都産)、緑茶エキス、焼酎(国内製造)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)、セルロース、加工でんぷん

栄養成分表示(100ml当たり)
エネルギー36kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
糖質 0g
食物繊維 0g
食塩相当量 0.02g

「よく降ってください」って書いてる。大丈夫?炭酸が入ってないってこと?

あー「無炭酸」って、書いてるワ(^^;)
おまけに「無糖」「糖質ゼロ」!健康的やん(^-^)

コップに入れてみると、キレイな緑色。お茶の香りすごい(^-^)何の焼酎使ってるのかわかんないけど、焼酎の香りはほとんどしない。
少し飲んでみる。たしかに焼酎。でも、それより抹茶の味の方が強いやん!お酒飲んでる気にならない!飲みやすいけど、アルコール度6%がジワジワくる(((^_^;)
これって、和菓子とでも合いそうや。でも、グイグイ飲んだら知らんで~

次に【抹茶ハイボール】

製造は伏見の黄桜さん。「北川半兵衛商店」さんの抹茶使用。

「北川半兵衛商店」さんは最高級の宇治茶を扱ってて、祇園にもカフェがありますね(^-^)

河童の黄桜さんだから、清酒が原材料に入ってる。
原材料はスピリッツ(国内製造)、清酒、液糖、緑茶、抹茶、レモン濃縮果汁、炭酸ガス、ビタミンC…

グラスにそそぐ。きれいな緑色(^-^)
こっちは炭酸入り。そんなにきつくない。弱炭酸。でも、ちゃんとシュワシュワしてる。
ほんのり抹茶の香り。レモンっぽい感じもする。甘味もあるかな。
炭酸入ってるから、こっちの方がお酒っぽい。抹茶感があるのは『抹茶ハイ』の方。
どっちがいいか、これは好みやね。しかし、これってどこでも売ってんの?

ご意見、お問い合わせはこちらから
どの記事をご覧になったのかもご記入ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました