わんこそばの発祥地『やぶ屋総本店』で、わんこそばじゃない、普通のお蕎麦をいただきます。わんこそばチャレンジする人、いたら見たかったなぁ(^^;)自分じゃ絶対無理やろし。

岩手県

岩手県といえば、なんといっても「わんこそば」。食べ終わるはしから、有無を言わせず次々そばを注がれる。おもしろいけど、ワタシは普通にゆっくり美味しい蕎麦をいただきたい。 なんなら「わんこそば」に挑戦してる人を横から見ながら(^.^)
花巻で「わんこそば」やってるお蕎麦屋さん…検索したら『やぶ屋総本店』がヒットした。逆に、ここしかなかった(((^^;)盛岡だったらたくさんあったんかな?
朝ごはんが早くて、いい加減だったかか、11時くらいには早くもお腹空いてきた。Google Map見ながら、チャリ飛ばしてやってきた。
いや、このあたりって人がいない‼️少ないんじゃなくて、いない。誰も歩いてない。皆さん車?

お店の前まで来たけど、あたりには人っ子一人いない。なんか不安になるわ。営業中の札が出てたから、一応開店してるんやろ。
恐る恐るドアを開ける。

開けてもまだ店の中じゃない。レトロなショーケースがある。懐かしい三ツ矢サイダー!
さらにもう一枚扉を開けると、入ってすぐのレジにいたスタッフさんが、すぐに案内してくれた。どうやら一番やったみたい。
中は奥に広くて、手前にカウンターとテーブル席。

奥に座敷。「わんこそばチャレンジ」は、奥の座敷でやるんかな?

ワタシはカウンターの一番奥に座った。

席に置いてあるメニューの上に【秋の味覚 舞茸そば】のリーフレット。
美味そうな写真にそそられる。これにしよ(^.^)

日本酒地酒もあるけど、チャリだから我慢。

待ってる間にメニューをめくってたら、この店のこだわりみたいなのも書いてある。
そば、出汁、かえり、すべてにこだわってるらしい。期待が膨らむね(^^)
ぼちぼちお客さんも入ってきた。

でも「わんこそばチャレンジ」する人はいない。地元の人ばっかりや。

ほどなくして蕎麦登場。横には紅葉おろしと白髪ねぎ。これ、蕎麦に入れるんかな?
まずは入れずにいただく。

もう舞茸だらけ❗しかもデカイ❗
蕎麦は普通。あんまり蕎麦の香りもなかったような。蕎麦苦手な人でも食べやすいんじゃない?

しかしなにより、主役は舞茸‼️舞茸好きには超オススメ。

美味しかったです、ごちそうさま。
「わんこそばチャレンジ」、自分はできないけど、横で見てみたかったな(((^^;)

やぶ屋総本店そば(蕎麦) / 花巻駅
昼総合点★★★★☆ 4.0

ご意見、お問い合わせはこちらから
どの記事をご覧になったのかもご記入ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました