『鴻の湯』-夫婦円満・不老長寿、しあわせを招く湯- 庭園風呂がウリの、古民家みたいな温泉。雪の降る日に楽しみたいなぁ(^-^)

兵庫県

城崎温泉の一番奥。ロープウェイ入口の前にあるのが『鴻の湯』。温泉街から遠いから、お客さんもあんまりここまで来ない。穴場の外湯やね。
昔々、足を怪我したコウノトリが傷を癒やしていた場所をよく見ると、温泉が湧き出していたとか。だから、こうの湯(^-^)
大きな駐車場を通り抜けて、入り口へ。お風呂入るなら、駐車料金割引があるらしい。

7つある外湯のうち、一番遠いから、ワタシも過去に一度しか入ったことがない。
民家のような、素朴な建物。こうのとりのオブジェもある。こうのとりは幸せを運んでくれるから、別名「幸せを呼ぶ湯」っていうらしい。

こちらのウリは『庭園風呂』って。昔の記憶でも、お庭に露天風呂があったのは覚えてる。

浴室はまぁまぁの広さ。でも、ここのウリは露天風呂。

広い庭園の中に、広めの露天風呂。屋根もあるから、雨や雪でも大丈夫。
※写真は「きのさき温泉観光協会」のHPからお借りしています。

お湯が熱いから、雪の方が気持ちいいかもね(^.^)

庭園がちょっと…。とくに日本庭園みたいに立派なわけでもなく、普通のお庭(((^^;)
それでも、解放感いっぱいでゆっくり入れるのがいい。

外に出たら、なんかたくさんの人が並んでた。入場制限?知らんけど。
駅から歩いて15分くらいかな?営業時間が長いから、ロープウェイ乗るついでに立ち寄るのが、一番いいと思うよ。

営業時間 7:00~23:00
休み   火曜日
料金   800円

ご意見、お問い合わせはこちらから
どの記事をご覧になったのかもご記入ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました