連休に、自粛期間中に、家の片付けをしてると何かとでてくる粗大ごみ。大型ごみを格安で捨てる方法。遺品整理や引っ越し荷物、断然お得に処分できます!

日々の生活

今年のGWは、どこにも行けずに家で過ごす方も多いのでは?ついでに掃除や片付けをするのもいいですね。でも、そうなると出てくるのが「粗大ごみ」。
普通、粗大ごみは普通のごみと同じように出すことはできません。尼崎の場合、家庭ごみ案内に電話して、取りに来てもらわないといけません。

その時、ごみの種類に応じて、コンビニでゴミ処理券買って、ごみに貼り付けないと引き取ってもらえないんです。そのゴミ処理券が高い!物にもよりますが、一点につき300円~1000円以上!5点も出したら結構な出費になります。
そこで安く済ませるには、取りに来てもらうのではなく、持ち込めばいいんです!

まず、持ち込む前に「尼崎クリーンセンター」に電話で予約を取ります。
電話番号は
06-6409-0101
受付時間は、午前8時30分~午後5時15分(月~金曜日)です。

電話で持ち込むごみの、だいたいの内容を伝えます。
次に持ち込む日時を予約します。持ち込めるのは月曜~金曜日。祝日でも大丈夫ですが、年末年始はダメです。時間は午前9~10時か、午後2~3時の間です。
申し込んでからゴミが増えても、当日そのまま持ち込んでも大丈夫でした。

当日、時間通りに「尼崎クリーンセンター」に向かいます。場所は五合橋線をず~っと南下したところです。
場所が近づくと、ゴミ収集の車が走っていることもありますので、ついて行ってもい一でしょう。

中に入ると駐車場があり、停める場所を誘導してくれます。車を停めたら、係りの人に持ち込んだゴミをチェックされます。ここで持ち込めないゴミがあれば、搬入できないようです。

チェックが済むと、カードのようなものを手渡されます。それをもって、建物の中へ。入り口には手指消毒のアルコールがあります。

書類がありますので、まず記入します。住所氏名のほか、持ち込んだ車両のナンバーも書きます。2台以上で来たら、2台分です。それを受付に提出します。受付で、これからの流れについて丁寧に説明されますので、しっかり聞いておきましょう。

ファイルに入った書類を受け取り、車に戻ります。車を動かし、最初の計測です。指示通りに進んで、車ごと重さを測ります。駐車場の入り口みたいな窓口でファイルを渡して、計測してもらいます。その後、ゴミを下ろす場所を指示してくれますので、ここでも間違えないようにしっかり聞いておきましょう。
大きな建物が後方にありますので、そっちの方に向かいます。以前は建物の中でゴミを下ろしましたが、先日行ったときは、コロナのせいか建物の裏手で下ろしました。
ゴミを下ろすのは基本自分でですが、係りの人も手伝ってくれました。無理かな~と思ったものも、けっこう引き取ってくれましたよ。

すべて下ろしたら、今度は2回目の計測です。
指示通りに建物の外側を通り、同じような窓口でファイルを渡して計測です。
重さによって値段を伝えられますので、ここでお支払いです。たぶん現金のみですから、お金を用意しておきましょう。

以上で終了です。値段は10kgあたり103円。2年前よりちょっと値上がりしました。

ワタシは今回、こわれた事務椅子、大きめの姿見、座椅子などを持ち込みました。
ゴミ処理券を買ったら、椅子が300円、姿見が600円ですから、全部で1200円かかるところです。が、こちらに持ち込めば206円で済みました!ここまで走るガソリン代を考えても、ずっとお安く済みました。

婆ちゃんの遺品整理の時には、ホントに助かったものです。
大型ごみは、ちょっと貯めておいて、あるいは近所の人や友達にも声かけてまとめて行けば、ホントに安く済みます。ちょっとの手間で、お得に粗大ごみが処理できるクリーンセンター、尼崎だけじゃなく、どこの市町村でもやっていると思いますから、処分する前に市役所に聞いてみてはいかがでしょう?

尼崎のクリーンセンターは、事前予約で見学もできるようですから、子供さんもちょっと社会見学にどうでしょう?

ご意見、お問い合わせはこちらから

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました