『白雪ブルワリーレストラン長寿蔵』の2階は、無料で見学できる【長寿蔵ミュージアム】飲んでばっかりじゃなくて、ちょっとはお勉強もしましょうね(^^;)

伊丹

日本酒の蔵元、白雪が作ったクラフトビールのレストラン、『長寿蔵』。その2階は、昔使われていた酒造りの道具などが展示したある博物館になっています。入場無料という太っ腹!なのに今まで上がったことがありません。レストランには何度も来てるのに…(^^;)
いい機会だから、ちょっと見学してみました。

長寿蔵に入って、正面にある階段。これを上がれば『長寿蔵ミュージアム』です。

道具の展示とともに、酒造りの工程がわかります。

まずは洗米。水を変えながら150回も洗うとは(@_@;)

洗ったお米は水につけて蒸し上げます。

そしてこのデッカイ甑(こしき)に入れて蒸すようです。

蒸し上がると麴を振りかけて、発酵させる…のかな?

あっためたり、冷ましたりを繰り返して、仕込んでいきます。

これを桶にうつして、麴と蒸し米を加えると、2日めくらいから泡が出てきて発酵していくようです。


発酵を調整して醪(もろみ)が出来上がり…というわけ。
どこまで理解できたかわかりませんが…(^^;)

仕込み桶もデッカイ!

3Dアートなんかありました。

うまく撮ると、立体写真が撮れるはず(^-^)一人だからできなかったけど、これは絶対面白い!

ジオラマもありました。

酒造りの続きがありました。まだ終わってなかったんですね(^^;)
できた醪(もろみ)は袋にいれて、新酒を絞ります。

この太い柱みたいなのを、テコの原理を使って絞ったそうです。

絞ったお酒は、火入れをして、やっと新酒の出来上がりです(^-^)

ギャラリーなんてありますね。

覗いてみると、ホールになってます。新酒の飲み比べ(^-^)とかやってるのかな?

白雪の作る清酒が並んでいます。

『白雪』以外にもいろいろあるんですね(^-^)

酒蔵を利用しているから、天井なんか雰囲気がありますね~

柱や梁も黒光りして、歴史を感じさせます。
早く下のレストランで、一杯飲みにいかなくちゃ!

白雪のお酒は、別棟のショップで購入できますよ!

ご意見、お問い合わせはこちらから

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました