納骨は大阪・天王寺にある一心寺さん。宗派を問わず納骨できる、お骨佛で有名なお寺です。

母が亡くなりました

母親が亡くなり、納骨の段階になりました。
ウチには父が建てたお墓がありますが、母はそこに入るのは嫌だと生前から言っていました。再婚同士の二人でしたから、お墓には先妻さん、先妻さんとの息子、さらには大嫌いだったお姑さんも入っているから、との事でした。

では、どこに納骨するか?母の希望は、京都の東山本願寺、宝塚の中山寺、そして天王寺の一心寺でした。どこも宗派を問わず納骨できるそうです。それぞれ納骨料を調べてみますと、「中山寺」は5万円。「東本願寺」は2万円~、そして「一心寺」は1万円~でした。少しでも安く済ませたいので、一心寺にお願いすることにしました。
納骨に伺ったのは2019年秋ですが、写真は翌年のお盆時期に,、永代供養料を納めに伺った時のものです。コロナで少し勝手が違うかもしれません。ご了承ください。

一心寺は大阪の天王寺にあり、JR大阪環状線の天王寺駅・新今宮駅、大阪メトロ御堂筋線・天王寺駅、谷町線天王寺駅・四天王寺前夕陽ヶ丘駅、堺筋線恵美須町駅、近鉄線・阿部野橋からそれぞれ等距離くらいです。駐車場はありません。


近くには、通天閣で有名な有名な新世界や、天王寺動物園があります。各駅から徒歩でおよそ15分ほどで、一心寺につきます。山門は朝5時に開き、夕方6時に閉まります。年中無休ですが、今はコロナの影響で変わっているかもしれません。
納骨や永代供養の受付は、午前9時から午後4時まで。特に予約などは必要ありません。

山門は大きく、まるで博物館か美術館のような佇まいです。現代アートのようなのような仁王像が迎えてくれます。

山門をくぐり、正面右手の受付で納骨の申し込みをします。
代表者の住所、氏名、亡くなられた方の氏名、死亡年月日、戒名をいただいていたら戒名も記入します。

そしてすぐ横の受付に提出します。この時に「火葬許可書」が必要になりますから、忘れないようにしてください。

受付を済ませたら、奥の建物に入ります。順路が示されていますので、すぐにわかります。

ここは少し込み合いました。一人ずつ受付してもらうまで、並んで待ちます。

密にならないように、足元にラインが引かれ、並ぶのも一家に一人、とされていました。

コロナ対策で、ビニールが貼られています。

納骨料は、小骨・分骨用で1万円、1.5万円、2万円。胴骨・全骨で1.5万円、2万円、3万円です。

向こうから「〇〇万円です」と言われるのかと思っていましたが、「いくらにしますか?」と聞かれました。値段はこちらが決めるようです。

ここで経木や塔婆を書いてもらいます。戒名で難しい漢字があれば、確認のため電子辞書で調べていました。筆で達筆に書いていただくのは、見ているだけでもすごいものです。
そして隣の会計の窓口でお支払いします。

支払いが済むと、お骨と経木をもって本堂に向かいます。時間がかかるので、本堂に上がる前にトイレを済ませておいた方がいいでしょう。出口を出たところにトイレがあります。

階段を上って、靴を脱ぎ、本堂に向かいます。

スタッフの方がいらっしゃり、案内してくれます。

本堂は写真撮影が禁止なので、ここからは文章だけになります。
入って左側に進むと本堂です。中に入ると、お骨と経木を受付に提出します。ここにも係りの方がいて、随時教えてくれます。名前が呼ばれるまで座って待ちます。
その間ずっとお経は読まれていて、呼ばれた順番に焼香をしていきます。1日中なので、お坊さんも時々交代していました。
やがて名前を呼ばれますと、正面に母の遺骨と経木・卒塔婆がちゃんと並べられます。間違えることはなさそうですね。焼香を済ませると、お骨をもって納骨堂に移動です。そこで係りのお坊さんにお骨を渡し、無事に納骨終了です。

おさめられた遺骨は、お骨佛を作るためにすぐに加工されるそうです。
次の年の4月には、前年に納骨された「年次納骨供養大法要」を行います。受付で書いた住所に、ハガキで案内が来るようになっていますが、2020年度はコロナの影響で中止になりました。参拝者はいませんが、お寺の方でちゃんと供養をしてくれたようです。

お骨佛は、粉末凝縮化して10年に一度お骨仏として骨佛開眼が行われます。次回は2027年です。

注意したいのは、近年墓じまいなどで、納骨されるお骨の総量が多くなり、「お骨佛造立の限界」を越えそうなほどだそうです。そのため、2021年1月1日以降は、直径 9cm 以下、蓋を含め 高さ 11cm 以下の小骨壷のみとなり、墓じまい等の納骨はできなくなるそうです。

境内はとても広くて、花や緑も多く、参拝者も多いです。写真はコロナの影響で少なめですが、普通の観光客も来くようです。
納骨はシステマチックに進み、滞りがありません。しかしとにかく人が多いので、1時間はかかると思っておいた方がいいでしょうね。本堂にはクーラーはありませんでした。扇風機が数台回っていただけです。冬の暖房はあるのでしょうか?ちょっと聞くのを忘れました。
いずれにせよ、暑さ寒さの対策は十分にしていった方がいいですね。

お問い合わせは以下のフォームからお願いいたします。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました